WORKS

自主制作 武蔵野美術大学芸術祭にて展示

未来の絵画 FuturePaintings

企画・油絵・魚の3DCGを担当しているもう一人の制作者のBehanceページ

油絵の中の魚と触れ合えるインタラクティブアート

本作品は油絵という独特なタッチをもった平面にインタラクティブな映像を投影することでひと味違った絵画とすることを目標に10月末の武蔵野美術大学芸術祭に向けて制作した自主制作作品です。海の世界をテーマにしていて、手を近づけると魚がよってくるという仕掛けを施し、絵の中に棲む魚がまるで息づいているかのような錯覚を起こさせています。

制作ソフト Unity Kinect Illustrator AfterEffects
担当箇所 Kinectセンサープログラム・Unityシミュレーションプログラム・展示空間デザイン
製作期間 3ヶ月

関連する作品

作品一覧へ戻る